七五三の起源といわれ

七五三のお祝いの意味

子供の成長を祝う七五三ですが、意外と七五三のいわれや起源などは知られてないものです。七五三の起源は室町時代で、それが江戸時代になって武家社会を中心に関東から全国へと広まっていきました。当時は乳幼児の死亡率がとても高かったので、生まれてから3・4年以上経たないと現在の戸籍にあたる人別帳などに記載されませんでした。ですから七五三のお祝いは、今まで無事に成長した事への感謝とこれからも無事に成長する様にとの願いが込められていました。

七五三の儀式の由来と11月15日

もともとは宮中や公家の行事である七五三ですが、その由来は3歳で男女とも髪を伸ばし始める「髪置き」・5歳で男の衣服である袴を着る「袴着」・7歳で女の子の着物帯の装い始め「帯解」の儀式からです。11月15日にお祝いするのは、旧暦の15日は二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)にあたり、何事をするにも吉であるとされていたからです。そして旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月でもあり、氏神への収穫の感謝を兼ねたとも言われています。

現代の七五三のお祝い

11月15日に晴れ着を着て神社へ行き、ご祈祷してもらうのが一般的なしきたりですが、現代では11月15日にはそこまでこだわらず、その前後で都合の良い日に神社へ行きお参りだけすると言う人も増えています。その後に両家の祖父母を招いて、ホテルやレストランなどでお祝いの席を設ける事も多いです。そして晴れ着やドレスを着ての写真撮影も盛んに行われています。当日は忙しいなどの理由から前もって写真撮影をするほうが良いようです。

七五三は、親御さんをはじめ、親族にとっても大切なイベントですよね。お食事会を設ける場合が殆どですが、意外と場所を悩んでしまいがちです。七五三のレストランはここで!と決めて、思い出作りしませんか?