七五三のお参りについて

まずは七五三の準備から

七五三は、一般的には三才は男女共、五才は男の子、七才は女の子の成長をお祝いする行事になります。その年齢の11月に神社やお寺を詣でます。七五三お参りに両家のおじいちゃん、おばあちゃん、両親と皆で行こうと思われている方は日にちを合わせるだけでも一苦労です。日にちを合わせたら、次に準備するものは着物、紋付き袴です。買われるようでしたら早くに買われていたらいいかと思いますが、借りられる方はすぐに呉服屋さんでも写真館でも出向かれて衣装を決めておかないといけません。

七五三お参りの衣装決め

人気のある衣装はすぐに予約されてしまいます。古典柄の方が予約しやすいように思います。ブランド物やハイカラな衣装、小物は人気です。日にちによっては衣装を借りられない日にちも出てきます。なので、早めに子供を連れて衣装選びをする事をお勧めします。衣装をが決まれば、次は写真館で写真を撮るかご家族で話し合ってください。値段はそこそこしますがいい思い出になりますよ。写真館で写真を撮られる場合で別の日にお参りに行く場合、借りる貸衣装代が割引料金で借りられます。

七五三お参りでいい顔を撮る為に

いい思い出にはなりますが、七五三は大人も子供もとても疲れてしまう行事でもあります。なので、写真館で写真を撮られる場合は、お参りの日と日にちを変えられた方がいいと思います。同じ日にしてしまうと子供がぐずったり、衣装を着ているのを嫌がってしまったりします。お参りの日は衣装を着させて神社に着くまで靴は運動靴にしてあげたり少しでも子供が楽に動けるように配慮してあげると子供の疲れも最小限に留まり、いい写真が撮れて、親子共に楽しく祝う事が出来ます。

七五三の早期前撮りは、料金もリーズナブルで混雑してない時期はお得です。七五三の思い出に残る写真撮影は重要です。