大切な思い出を写真に残す

撮影した写真をまとめる

デジカメやスマホなどが普及して、いつでもどこでも簡単に写真を撮る事が出来る時代になりました。

以前は撮った写真を現像しなくては、写真としての価値が生まれませんでしたが、現代では画面の中で写真を見る事が出来るので現像しないでそのままという人も少なくありません。

デジタル機器ではたくさんの写真が撮れるため、同じようなショットをたくさん撮影して、その中から良い写真だけを選ぶ事が出来る反面、選んで写真にする事が面倒な作業になってしまいます。

大切な写真をアルバムに綴じる

大切な写真を現像して、アルバムに残す事でいつでもだれでも見る事が出来るようになります。

デジタル機器に残しておく事で、色褪せる事無く写真を残す事が出来ますが、データが無くなってしまうとすべてが消えてしまいます。

写真を現像して尚且つデータも残しておく事が正しい写真の残し方とも言えます。

デジタルデータも大量になってしまう為、容量の大きい外部媒体に写しておけば、全ての写真や動画を一つの媒体で管理する事が出来ます。

定期的に編集してまとめる

子供の成長や家族の思い出を写真に残しておくと、何年後かに見た時に良い思い出として蘇らせる事が出来ます。

写真を現像する習慣が無い人は、ある一定の期間を決めて写真を現像する習慣をつけると、綺麗にまとめる事が出来ます。

デジタルデータの写真をパソコン上で編集しておき、必要な写真フォルダーとしておけば、現像する時に簡単に必要な写真だけを現像する事が出来ます。

年末や記念日などの決まった日に現像すると決めておくと、毎年忘れずに写真を現像する事が出来ます。

フォトブックは、複数の写真を1冊にすることができます。レイアウトやコメントなど、自由に変えることができます。