正しい手入れのために把握しておこう!機械式時計の故障の原因

定期的なゼンマイ巻きは機械式時計の手入れの基本

機械式時計を利用するに当たっては、正しい手入れが必要です。さらに故障の原因を理解しておけば、正しい手入れのもとで長持ちさせることができます。まず機械式時計の手入れの基本は、とにかく定期的にゼンマイを巻くことです。機械式時計内部の各部品は、恒常的に駆動することを前提に組み立てられているものが大半です。ついつい長く持たせたいと利用を躊躇ってゼンマイを巻かないと、余計に機械式時計を損なう原因になってしまいます。

潤滑油切れは機械式時計にとって万病の元

機械式時計は、数年に一回のペースでオーバーホールが必要になります。各部品の組みあがり具合や磨耗をチェックすることはもちろんですが、オーバーホールの主要な目的は各部品に潤滑油を指すことです。機械式時計には潤滑油は無くてはならないものです。これが切れた状況で使用し続けると各部品が完全に磨り減ってしまい、最悪のケースでは部品交換でも修理できない故障に見舞われてしまうこともあります。基本的に潤滑油は個人の手で指すことは難しいので、しっかりと定期的なオーバーホールを行うように心がけましょう。

リューズの扱いには細心の注意を払う

特に自動巻きの機械式時計では、リューズから伸びる芯棒の扱いには細心の注意を払う必要があります。自動巻きとは言え、動力が不足しやすい購入直後などではリューズを巻く必要があります。しかし、手巻きの機械式時計とは違い、自動巻きでは芯棒が細く誂えてある時計が多いために、ぞんざいに扱うと曲がったり折れたりしてしまいます。特に手入れの際などにリューズを起こすことがありますが、手巻きのものでもリューズを戻す際は優しく扱うように心がけましょう。

グランドセイコーは昔ながらの「自動巻」のシステムでできた腕時計で、好きな人々にとっては人気のある物になっています。この腕時計は丈夫で長持ちする傾向にあり愛用している人が沢山います。